機械科

ニュース|機械科

令和4年度

12月3日(土) 広島市商ピースデパートに参加

12月3日(土)、4日(日)の2日間、広島市立広島商業高等学校で「第16回 広島市商ピースデパート」が開催されました。本校から機械科の課題研究「銅板折り鶴班」が参加し、展示や体験などを行いました。生徒はブースに来られた多くの来場者に、熱心かつ丁寧に説明や製作の手ほどきを行いました。

  • 広島市商ピースデパート
  • 広島市商ピースデパート

12月1日(木) 機械科 プロフェッショナル人材活用事業

工業技術者としての心構えとして社会人による授業(プロフェッショナル人材活用事業)を、12月1日(木)に機械科2年で実施しました。今年度は株式会社片岡商店の片岡勧様を招いて、「ドローンの活用と楽しみ方」を題材として、講話及び実演・体験を行いました。生徒は貴重な話しと体験で「面白かった」と言いながら、心を躍らせていました。

  • プロフェッショナル人材活用事業
  • プロフェッショナル人材活用事業

11月28日(月) 機械科 令和4年度 第22回初級CAD検定(機械系)実施結果

  • 第22回初級CAD検定(機械系)

7月8日(金)、本校コンピュータ室にて、全国工業高等学校長協会主催の初級CAD検定(機械系)を機械科3年生の希望者15名が受験をしました。全国でも合格率73.9%と決して簡単なものではありませんでしたが、生徒の希望もあり放課後の補習を遅くまで頑張り、13名が合格することができました。

11月12日(土) 令和4年度 南区青少年健全育成大会に参加

  • 令和4年度 南区青少年健全育成大会に参加

11月12日(土)南区民文化センターで、「令和4年度 南区青少年健全育成大会」が行われました。今回は「平和」をテーマとして中学校8校、高校5校が発表を行いました。本校からは、機械科銅板折り鶴班の生徒が発表を行い、これまで行ってきた実践に加え、発表者本人の気持ちを交えながら、立派に発表を行いました。

11月3日(木) 市民平和イベントに参加

11月は、広島市が市民社会における平和意識の醸成を図るため定めた「平和文化月間」です。その一環として11月3日(木)に国際会議場で、「市民平和文化イベント」が行われました。機械科の銅板折り鶴班も展示発表の部に参加をしました。来場者に向けて、実演を見ていただきながら、体験をしていただく活動も行いました。銅板折り鶴が多くの方の手に、平和を祈りながら飛び立っていきました。

  • 市民平和イベントに参加
  • 市民平和イベントに参加

10月15日(土) 機械科
第36回広島市民平和の集い・「ヒロシマの心5」出版記念に参列

  • 機械科 「ヒロシマの心5」」

10月15日(土)に「第36回広島市民平和の集い・「ヒロシマの心5」出版記念」(主催:NPO法人HPS国際ボランティア)が、まちづくり広島市民交流プラザで行われ、機械科の生徒7名が参列しました。世代を超えて平和を発信する思いを込め、代表生徒が平和宣言を読みあげました。

令和4年度高校生ものづくりコンテスト(溶接作業部門)中国地区大会
 N-2F競技 準優勝

8月20日(土)、岡山県立東岡山工業高等学校において、令和4年度 高校生ものづくりコンテスト(溶接作業部門)中国地区大会兼中国地区第7回高校生溶接技術(圧力容器)競技会が行われ、N-2Fの競技部門において 田崎 翔大君(機械科3年)が準優勝しました。
 県大会での圧力容器の製作とは異なり、全国大会で行われる競技である日本溶接協会が行う溶接技能者評価試験の実技課題(N-2F)での出場となり、9mmの平鋼2枚を突合せ、裏当なしで溶接するものでした。

  • N-2F競技 準優勝
  • N-2F競技 準優勝
  • N-2F競技 準優勝
  • N-2F競技 準優勝

「高校生ボランティア・アワード2022」の全国大会参加へ

8月16日(火)、17日(水)に「高校生ボランティア・アワード2022」が東京の新宿住友ビル三角広場で開催されました。6月に地方大会が行われ、全国大会のブース発表に選ばれた機械科の課題研究「銅板折り鶴」班が参加をしました。無観客でしたが、同じブース発表の学校に、広島の平和の象徴である「折り鶴」を発表でき、多くの方に喜ばれ、交流ができました。

  • 高校生ボランティア・アワード2022
  • 高校生ボランティア・アワード2022

グテーレス事務総長と若者との対話イベント

8月6日(土)に折り鶴タワーで開催された「グテーレス事務総長と若者との対話イベント」に、機械科の生徒2名が参加しました。グテーレス事務総長の話に、改めて平和の大切さを感じました。

  • グテーレス事務総長と若者との対話イベント
  • グテーレス事務総長と若者との対話イベント

「高校生ボランティア・アワード2022~持続可能な未来へ」の地区大会参加へ

  • 電気科 第二種電気工事筆記試験(上期)

「高校生ボランティア・アワード」(主催公益財団法人 風に立つライオン基金)に、今年度は機械科の課題研究「銅板折り鶴」班が参加しました。全国145団体158校のエントリーがあり、中国四国・九州沖縄地区予選が6月25日(土)にZOOMで行われました。持ち時間3分でしたが、時間を十分に活用し、「銅板折り鶴」の活動を発表しました。また他校との意見交換も行いました。

溶接技能者評価試験 動画

溶接技能者評価試験の練習時の動画です。

市工初 溶接技能者評価試験 合格

日本溶接協会が実施する溶接技能者評価試験の手溶接(A2-F)の資格試験が、3月に中国地区溶接技術委員会で行われ機械科3年の大島 楓奏さんと田崎 翔大君が合格しました。
 溶接技能者評価試験は企業で働く溶接工の方が技能の証明として取得する資格で、高校生にとっては難易度が高く、本校在籍生徒の受験は初めてでしたが、1月から放課後を利用して技能を磨き、見事一発で合格しました。

  • 溶接技能者評価試験
  • 溶接技能者評価試験

令和3年度

令和3年度高校生ものづくりコンテスト(溶接作業部門)中国地区大会 準優勝

8月21日(土)、岡山県立東岡山工業高等学校において、令和3年度 高校生ものづくりコンテスト(溶接作業部門)中国地区大会 中国地区第6回高校生溶接技術(圧力容器)競技会が行われ、中国地区5県の代表生徒15名が技術を競い合い、三戸一晃君(機械科3年)が準優勝しました。
 県大会同様、課題は3.2mmの鋼板を組合わせ圧力容器を作成するものでした。

  • 広島県高校生技能オリンピック
  • 広島県高校生技能オリンピック

第13回広島県高校生技能オリンピック(溶接作業部門)優勝

7月18日(日)広島県立広島工業高等学校で第13回広島県高校生技能オリンピックが開催され、溶接作業部門において県内の工業高校10校が大会に出場し、機械科3年の三戸一晃君が優勝しました。
 三戸君は、8月21日に岡山県で開催される令和3年度高校生ものづくりコンテスト(溶接作業部門)中国地区大会に出場します。
 また、同時に開催された旋盤部門には機械科3年江間悠生君が出場しました。

  • 広島県高校生技能オリンピック
  • 広島県高校生技能オリンピック

令和2年度

オンライン旋盤大会

今年度は高校生ものづくりコンテストが中止となったため、12月28日(月)に非公式ではありますが第1回オンライン旋盤大会が行われました。会場は各学校の実習室で、オンラインで作業の様子を中継しながら大会が運営されました。北海道と広島で合わせて7校・12名の選手が腕を競いました。

  • オンライン旋盤大会
  • オンライン旋盤大会

NHKのTV取材 「第32回広島市民平和の集い」

9月9日(水)に、旧日本銀行広島支店で9月11日から14日まで行われる「第32回広島市民平和の集い」に参加する機械科の生徒が、NHKからの取材を受けました。
本校機械科3年生の生徒が、9月12日.に会場で平和宣言を読み上げ、期間中同科の製作した銅板折り鶴が展示されます。
9月11日(金)18時10分からの「お好みワイド」で放送される予定です。

  • NHKのTV取材
  • NHKのTV取材

平成29年度

平和の板金術師(銅板折り鶴)の活躍

1 OECD広島創生イノベーションスクールで、フィリピン、アメリカ、インドネシア、ニュージーランドの4カ国6地域の高校生等に銅板折り鶴を贈呈しました。
  • 銅板折り鶴
  • 銅板折り鶴
2 来校したJICA自動車産業人材育成プロジェクト団に、記念品として銅板折り鶴を贈呈しました。
  • 銅板折り鶴
  • 銅板折り鶴
3 国連軍縮フェローズで来広した若手外交官等と国連職員へ銅板折り鶴を贈呈しました。
  • 銅板折り鶴
  • 銅板折り鶴
4 第27回全国産業教育フェア秋田大会(さんフェア秋田2017)に参加し、銅板折り鶴の実演を行いました。
  • 銅板折り鶴
  • 銅板折り鶴
5 市工祭で銅板折り鶴の実演を行いました。
  • 銅板折り鶴
  • 銅板折り鶴
6 平成29年度広島グッドチャレンジ賞を受賞しました。
  • 銅板折り鶴
  • 銅板折り鶴
7 「ノーベル平和賞受賞団体ICANのベアトリス・フィン事務局長と若者の対話集会」に参加し、「銅板折鶴」をフィン事務局長に手渡ししました。
  • 銅板折り鶴
  • 銅板折り鶴