学校紹介

校長挨拶

校長写真

校長 岡田 雄一

広島市立広島工業高等学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
  本校は、大正13年に勤労青少年のための夜間学校として、広島市工業専修学校という名称で開校した、歴史と伝統を誇る工業高校です。時代の変化に対応すべく改革を重ねながら、各時代に求められる教育を展開し、今年度で創立99年目を迎えます。この間、2万人を超える卒業生を輩出し、広島市の産業界や経済界はもとより、全国各地で活躍されています。
  校訓「自主・敬愛・勤労」のもと、「個人の尊厳を重んじ、豊かな人格の完成を目指すとともに、素養に富んだ工業技術者として、平和と文化の創造に寄与する人物を育成する」を教育目標としています。
  現在700余名の生徒が、機械科・自動車科・電気科・情報電子科・建築科・環境設備科の6科で、それぞれの専門性を生かしたスペシャリストして将来の日本のものづくりを支える人材となるよう、多くの価値観を体験し学びながら、専門分野の学習や資格取得、部活動等に主体的に取り組んでいます。
  全校共通の行動の3本柱、「挨拶をする」「服装を整える」「時間を守る」を大切にし、基本的生活習慣の確立を意識して過ごしています。
  本校が育成を目指す生徒像は
  ①工業技術者としての規範意識や倫理観を身に付けた生徒
  ②自ら課題を見つけ、困難や失敗を乗り越えて解決しようとする生徒
  ③収集した情報を検証、・活用し、探究的な活動により新たな価値を創造する生徒
  ④命の大切さを知り、多様性を理解し、専門分野の異なる他者と協働する生徒
です。
  これからも、「市工で学んでよかった」、「市工で学ばせてよかった」と思っていただける学校づくりに努める所存です。
  今後とも本校教育に、皆様の温かいご理解とご支援をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

令和4年4月

広島市立広島工業高等学校

校長 岡田 雄一

学校紹介

サイトマップ

学校紹介

学科紹介

学習・進路

学校生活

教育関係・地域の方へ

中学生・受験生の方へ

保護者・卒業生の方へ