環境設備科

実習|環境設備科

1年 工業技術基礎

基礎製図実習

基礎製図実習

1年生の基礎製図実習では基礎を学習し、2・3年生の製図の授業で必要な知識を学び、実際に作図することで投影法や製図器などの使い方もこの実習で学習します。

配管実習

配管実習

1年生では工具の使い方、配管部品と鋼管を用いて、課題の配管を作成し、基礎知識と安全に作業することの大切さを学習します。

電気工事実習

電気工事実習

第2種電気工事士の取得の基礎となる電気工事実習では、電気工事で必要な工具や回路図の読み方や作図を学習していきます。

水質検査実習

水質検査実習

1年生の水質検査実習では、検査の基本的なやり方、検査で用いる機器の安全な使い方を学習し、基礎的な知識を学習していきます。

2年実習

CAD(コンピュータ支援用設計)実習

CAD実習

2年生のCADでは、製図の授業で作図をした課題をCADで作図し、基本的な操作とドラフターを用いた手製図との違いを学習します。CAD実習は3年生でも引き続き学習する大切な実習です。

測量実習

測量実習

測量実習では、距離測量・水準測量・多角測量の3種類の測量を校内で実際に測り、測量器や測量について基礎的な学習を行います。

空気調和実習

空気調和実習

実際の、空調設備を用いて2年生では冷房設備について学習します。グループを2つに分けローテーションしながら空調設備を実際に確認し学習するグループと、空調設備に用いる銅管と塩ビ配管を用いた配管実習のグループに別れて学習します。

大気観測実習

大気観測実習

普段、あまり気にしていない大気について学習し、大気中に有害物質がどのくらい含まれているか測定し、大気測定に関する知識を深めます。

3年実習

1年生や2年生では、実習は1週間に3時間ですが3年生になると1週間で6時間の実習になります。3年生の実習では1・2年生で授業や実習で学習した内容を応用した実習になってきます。

バイオ・プラント実習

バイオ実習では、通常の環境下では発芽成長させることが難しいランやサボテンを人工的に整えられた無菌状態の環境で発芽成長させ、その過程の観察と培養に関する基礎的な知識を学習します。また、プラント実習では、水性ワックス製造装置プラントを実際に運転し、プラント装置の仕組み、操作等を学習します。本校の大掃除で使用するワックスはすべてこの実習で製造しています。

  • バイオ・プラント実習
  • バイオ・プラント実習

溶接・溶断実習

溶接・溶断実習

設備工事などで使われるガス溶接とアーク溶接を2つのグループに別れ4つの課題を作成し、溶接の基本的知識と安全に作業する上で必要な知識を課題作成に取り組みながら学習していきます。

空調・配管実習

この実習では、グループに分かれ空調と1年生から学習してきた鋼管・銅管・塩ビ管の3種類を用いた課題作成と2年生の実習で学習した知識を基に、3年生では暖房設備について学習します。

  • 空調・配管実習
  • 空調・配管実習

積算実習

積算実習

積算実習では、空調工事や設備関連工事を行う際、必要な建設資材や工事費用などを価格表から求め、見積を作るための基本的な学習をします。この実習では、卒業後に建築・設備系の企業に就職した際に非常に役立つ実習です。

CAD実習

CAD実習

2年生の実習で学習したCAD実習を基に、3年生では、鉄筋コンクリート建物の躯体図面から作成していき、空調ダクト配管を配置したCAD図面の実習をしていきます。

空調設計実習

空調設計実習

空調機を設置する際に、場所に合わせて必要な能力を持っている空調機を計算から導き出し、最適な空調環境を作る為に必要な知識を学習します。

衛生設備実習

衛生設備実習

この実習では、平面で作図された図面を立体化した図面の基礎的な作図法や立体化した図面が正しく出来ているか、同じ縮尺の模型を作成しながら学ぶ実習です。

サイトマップ

学校紹介

学科紹介

学習・進路

学校生活

教育関係・地域の方へ

中学生・受験生の方へ

保護者・卒業生の方へ