環境設備科

資格・検定|環境設備科

環境設備科ではこんな資格が取得できる!!

環境設備科では、様々な資格を取得することが出来ます。

工業高校ですから工業の資格だけと言う訳ではなく、幅広く資格取得を目指すことが出来ます。紹介している資格は、代表的なものですが国家資格からその他の団体が認定しているものまでたくさんあります。

国家資格

2級管工事施工管理技士(学科)・国土交通省

環境設備科全般の知識を必要とし、環境設備科(専門科目を選択した人に限る)の最終目標の資格です。将来、建設関係に進路希望を持っている人にピッタリ!3年の実務経験後に実技試験があります。

技能検定(2級、3級)・厚生労働省

建築配管
配管技能(組み立て)に関する技能を一定の基準で検定するものです。 実技試験と学科試験があり、1年生から受検が可能です。 建設系の進路にピッタリ!3級合格後、在学中に2級の取得可能です。
機械保全
工場の設備機械の故障や劣化を予防し、機械の正常な運転を維持し保全するために重要な仕事で、各種製造現場の共通的な作業です。

乙種危険物取扱者・総務省

乙種4類は、1年の「進路研究」でも全員受検の資格です。 ガソリンや灯油などの危険物の取扱い業務に必要な資格です。

消防設備士(乙種)・総務省

消火器・火災報知器などの私たちの命を守る防災機器の点検整備がで きる資格です。建設関係やビル管理業務などの進路にピッタリ! 電気工事士又は配管技能士2級を取得すれば甲種受検可能です。

ボイラー技士・厚生労働省

温水や蒸気を発生させる装置をボイラーといい、ボイラーの運転業務 ができる資格です。危険物取扱者とセットで持っておくとビル管理や プラントコントロール(工場の運転業務)の進路に有利です。

第2種電気工事士・経済産業省

住宅・店舗の電気工事に従事できる資格です。社会的にも認知度の高い 資格で、前のページにある資格と合わせ持つと、さまざまな進路決定にに有利に働きます。

その他の資格・検定

工業高等学校長協会

情報技術検定(2級)
計算技術検定(2・3級)

日本情報処理検定協会

日本語ワープロ検定
パソコンスピード認定試験(日本語)

その他

  • eco検定(東京商工会議所)
  • フォークリフト運転技能講習
  • ガス溶接技能講習
  • 小型車両系建設機械特別教育
  • アーク溶接特別教育
  • 低圧電気取扱業務特別教育
  • 自由研削砥石取替試運転特別教育
  • 玉掛け技能講習
  • 有機溶剤作業主任者技能講習
  • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習
  • 酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習

サイトマップ

学校紹介

学科紹介

学習・進路

学校生活

教育関係・地域の方へ

中学生・受験生の方へ

保護者・卒業生の方へ